Brompfication - Titanium Seatpost 520mm
Brompfication - Titanium Seatpost 520mm
Brompfication - Titanium Seatpost 520mm
Brompfication - Titanium Seatpost 520mm
Brompfication - Titanium Seatpost 520mm
Brompfication - Titanium Seatpost 520mm
Brompfication - Titanium Seatpost 520mm
Brompfication - Titanium Seatpost 520mm

Titanium Seatpost, 520mm

ブロンプフィケーションのチタンシートポストで、快適な乗り心地と実質的な重量軽減を体験しましょう。


軽量構造と耐久性に焦点を当てて製作された当社のチタンシートポストは、エレガンスと強度の融合を提供しています。このシートポストは、サドルレールをクレードルに挟む2つのヨークを備えたおなじみのシートポストクランプを特徴としており、単なるエレガントな解決策だけでなく、BromptonのPentaclipと比較して実質的な重量軽減も実現しています。丸型および楕円形のサドルレールの両方に対応しているため、シートポストクランプは使用上の柔軟性を提供します。

USD 198
税がありません

 

ブロンプフィケーションのチタンシートポストで、快適な乗り心地と実質的な重量軽減を体験しましょう。

当社のスタンダードチタンシートポストは、Bromptonの標準シートポストと同じ効果的な長さを維持しており、Pentaclipを最高位置と比較した場合にそれに近い長さです。

軽量構造と耐久性に焦点を当てて製作された当社のチタンシートポストは、エレガンスと強度の融合を提供しています。このシートポストは、サドルレールをクレードルに挟む2つのヨークを備えたおなじみのシートポストクランプを特徴としており、単なるエレガントな解決策だけでなく、BromptonのPentaclipと比較して実質的な重量軽減も実現しています。丸型および楕円形のサドルレールの両方に対応しているため、シートポストクランプは使用上の柔軟性を提供します。

チタンを使用することで、耐久性だけでなく、その自然な衝撃吸収特性も活かし、マイルを重ねるごとに乗り心地を向上させます。

驚異的な重量効率性が当社のチタンシートポストを特徴づけており、Bromptonの標準スチールシートポストとPentaclipと比較して155グラムの重量軽減を誇ります。さらに、Bromptonの廃盤となったチタンシートポストよりも75グラム軽量です。

最適な使用のために、ライダーの体重制限を100 kg、レールクランプの最大トルクを5 Nmと推奨しています。

重量:320 ± 10グラム、全て含めたもの。長さ:520 mm

300

チタニウムシートポスト取り付けガイド

含まれるコンポーネント:

  • チタニウムシートポスト x 1
  • チタニウムクレードル x 1
  • チタニウムヨーク x 2
  • M5チタニウムボルト x 2

取り付け手順:

サドルと元のシートポストを取り外し:

  • Brompton自転車からサドルを取り外し、シートポストにアクセスします。
  • シートクランプのクイックリリース(QR)を開きます。
  • フレームの下側から元のシートポストをスライドさせて取り出します。

シートチューブの清掃:

  • シートポストチューブとスリーブを徹底的に清掃し、すべての汚れや表面の錆を取り除きます。この準備は、新しいシートポストのスムーズな取り付けを保証します。

シートポストバンの取り付け(オプション):

  • 希望があれば、この段階でBromptonシートポストバンをチタニウムシートポストの底に挿入します。

チタニウムシートポストの挿入:

  • フレームの下側からチタニウムシートポストをシートチューブに挿入します。
  • クレードルの切り欠きがフレームに対して垂直になるようにシートポストを回転させ、シートクランプQRを閉じて固定します。

コネクティングロッドの取り付け:

  • シートポストの上部の穴を通してコネクティングロッドを挿入します。ほぼ水平になるようにします。位置が合わない場合は、シートクランプQRを開き、シートポストを180度回転させて、QRを再締めします。

クレードルとヨークの組み立て:

  • ボルトにグリースを塗布します。その後、ボルトをコネクティングロッドの穴に挿入し、ヨークを緩くねじ込み、アセンブリを吊る状態にします。
  • クレードルをその切り欠きに置き、サドルレールをクレードルの溝にセットします。このステップ中にサドルを安定させておくために、他人の助けが役立ちます。
  • ボルトに取り付けられたヨークを、サドルレールの上に正しく配置します。

アセンブリの固定:

  • ヨークを所定の位置に保持しながら、ボルトを徐々に締めます。サドルの角度を調整するには、一方のボルトを緩めながら、反対側のボルトを締めます。
  • ボルトを4Nmで締めて取り付けを完了します。最初のライド後、すべてが安全に固定されていることを確認するために、最大5Nmまで再締めします。

最終確認:

  • 新しいチタニウムシートポストセットアップで快適かつ安全なライド体験を保証するため、すべてのコンポーネントがしっかりとフィットして適切に整列しているか再度確認してください。

注意: 損傷を防ぐために推奨されるトルク設定を守ってください。取り付け中に困難に遭遇した場合は、専門のメカニックに相談することをお勧めします。

それぞれの当社の未処理チタン製シートポストとハンドルバーは、ブラッシング処理を施しています。この処理の特筆すべき利点は、3Mの7447 Scotch-Briteハンドフィニッシングパッドを使用して表面仕上げをリフレッシュできることです。

これを行うには、まずシートポストを分解します。Scotch-Briteパッドを片手で持ち、その上にシートポストを置いて、Scotch-Briteパッドで包み込みます。もう一方の手でシートポストをScotch-Briteパッド内で回転させます。Scotch-Briteパッドを長さ方向に使用しないように注意してください。

ウェブサイトのご利用を続けることで、利用規約に記載されている通りに、クッキーの使用に同意いただいたものとみなされます。利用規約は、各ページのフッターに記載されています。